minnbu

記事一覧(8)

子供もにっこりママも満足

出産してから床上げをして赤ちゃんと2人きりでずっと家にいる生活に飽きてきた頃、生後1ヶ月から参加出来るベビーマッサージの教室を見つけ、すぐに応募しました。ベビーマッサージ教室は人気なので定員超過した場合は抽選なのですが、運良く入会する事ができました。私は20代後半なのですが周りは30代後半のママが多く、最初は馴染めるか不安でした。しかし近い月齢の子供を持つ親同士、同感できる事も多く年の差など全然関係なくなりました。ベビーマッサージは暖かい部屋で赤ちゃんをオムツ1枚にして、歌を歌いながら全身をマッサージしていきます。最初は赤ちゃんも何か分からず泣いていましたが、習い始めて3ヶ月位経った生後5ヶ月位になると、大分マッサージが分かるのか歌を歌うだけで大喜びしてくれました。寝返りやズリバイが出来るようになると、マッサージの途中でもどこかに行ってしまう事もしばしばありましたがみんな和気あいあいと過ごしていました。私の通っていた教室は1歳になったら卒業なのですが、卒業して1歳になった息子に今でも家でベビーマッサージをしてあげると、とても喜びニコニコ笑顔になります。心なしか夜泣きも緩和されるような気がしてます。ママも赤ちゃんもメリット沢山のベビーマッサージの教室に行ってみて私は良かったと思います。

ベビーマッサージを受けた日夜泣きが無かった!

私の友人は病院のNICUで働いています。そこには未熟児がたくさん入院しているそうですが、ベビーマッサージというのを看護の一環で取り入れているそうです。その友達の病院からの研修でベビーマッサージの講習を受けに東京まで行き、数週間の研修を受けて認定を受けて帰ってきました。そして私の子どもが生まれた後、一度その友人がベビーマッサージをうちの子にしてくれたのです。友人が訪れてくれた時には子供はもう3ヶ月くらいになっていました。少し昼夜のリズムもでき、情緒が発達してきた頃。そのために少しずつ泣くことも多くなってきました。そして夜泣きも時々するのでちょっと私もどうしたらいいかなあと悩んでいたのです。夜は少しでもゆっくり寝たいですから。そんな時に友人にベビーマッサージをしてもらうとなんとその日は子どもがあまり夜泣きをすることなく寝てくれたのです。もちろんお腹が空いたり、ミルクの要求で夜中2度おきましたが、その後すぐに寝たのです。わたしはベビーマッサージにこれほどの効果があったのかとびっくりしました。確かにベビーマッサージはいろんなことに効果があるといいますよね。自分のちょっと学びたいなあという気持ちになりました。

ベビーマッサージに使用するオイルは?

時々簡単間マッサージを赤ちゃんにすることがあります。そんな時にどんなマッサージオイルを使用したらいいのかなあといつも思います。わたしの場合は主に胸の中心と背部をマッサージするので、その広い面積をカバーできるようにベビーオイル、もしくは馬油、またはワセリンを使用します。その内一番使い心地がいいのは馬油ですね。ベビーオイルは表面を覆って滑りをよくするためにはいいと思うのですが、あまり浸透しない気がします。またワセリンは使う量によってちょっとベタベタするのです。ちょうどいいのが馬油なのですね。肌絵の浸透力も良く、保湿にもいい感じ。マッサージをすると赤ちゃんの腹部や背部もすべすべになります。また私の手の保湿にもなり良い感じがします。それ以外にどんなものがあるのかなあ。もっといいものがあれば使用もしてみたいけれど、なかなか巡り合うことが出来ずにいます。赤ちゃんですから、やはり無添加、無香料、そしてノンケミカルがいいかなあと思っていますが。ベビーマッサージを行う際にいつもこの肌がうらやましい、そしていつまでもこの肌をキープしてほしいなあと思っています。そのために使用するものはやはり注意して選びたいなと感じています。

赤ちゃんの体調を知るバロメーターになるベビーマッサージ

ベビーマッサージをし始めて肌を定期的に触るようになると、赤ちゃんの肌の変化で体調の変化を知ることが出来るようになりました。例えば、肌がガサガサな時、今日は水分が足りなかったのかなとか今日は便が十分い出ていないのかなと感じます。また手足を触ってもいつも温かくて問題ないのに、手足が冷たいということが時々あります。そのような時は要注意で、結構風邪の初期症状だったりするのです。ひどくなると夜に手足が冷たくて、体幹はあつくなって発熱をすることもあるのです。そのために赤ちゃんを裸にして肌を触ることって大切だなと思います。また皮膚をマッサージをする時それほど強くは摩擦をくわえてはいないですが、やはり肌を強くする作用はかなりあると思います。段々赤ちゃんの肌も強くなってきているような気がします。またいつも馬油を使用しつつマッサージをしていますが、それも肌に良い潤いを与え肌に良いと感じています。ベビーマッサージをするようになり、赤ちゃんの目を覗き込みながらお腹のマッサージをする、すると赤ちゃんが笑ってくれる。そんな情緒の発達してきた赤ちゃんに触れることが楽しくてたまりません。まだまだ触れていたい、そんな気持ちでベビーマッサージをしています。

親子でリラックスできるベビーマッサージ

生後1か月頃から、コミュニケーションの一環になればと思い、朝の着替えの際にベビーマッサージをしていました。たまたまYoutubeで見つけた、ジョンソン・エンド・ジョンソンの「タッチケアのうた」がとてもよく、親子でマッサージタイムを楽しみました。優しい声と可愛らしい歌に合わせてすることで、とても暖かい時間となりました。ベビーマッサージをして良かったと思うことは、2つあります。まず1つ目は、何よりも子どもとしっかりコミュニケーションをとることができたことです。育児に家事にと追われる中で、ゆっくりと子どもと向かい合う時間は、とても貴重で幸せな時間です。どんなに疲れていても、この時間だけは心から笑顔で触れ合うことができたと思います。2つ目は、子どもの少しの変化にも気づくことができたことです。我が家の子どもは真冬に生まれたので、お風呂やお風呂上りは時間との戦いでした。しかし暖かい部屋でベビーマッサージをすることで、少々裸でも安心して行うことができます。私はその際に、お風呂では気づかなかった湿疹や掻き傷に気づくことが何度かありました。子どもの状態を把握する、良いきっかけになると感じます。親も子どももリラックスして楽しめる、ベビーマッサージはとてもおすすめです。

値段が約2倍だとサービス内容も違うと感じました

足裏マッサージが気持ちいい

自宅の近くに足裏を刺激してマッサージする治療院があります。よく台湾とかで見かけるマッサージ方法ですが、「若石式」という足裏マッサージ中でも正式な方法の一つです。有名ではありますが、足裏の特定の場所を刺激すると体の不調を治すことができるといわれています。テレビでよく見ますが、結構痛くて、特に初めて経験する方は耐えられないでしょう。しかし、だんだん慣れてきて、気持ちよくなってきます。万人の病気を治せるかと言われれば、ちょっと疑問がありますが、私が行く治療院にはたくさん難病の方が来て、効果があるといっています。ただ、先生もかなり病気には詳しく、日々マッサージのことだけでなく、生活習慣についても研究しています。行く度に新しいアドバイスをくれるので、かなり役に立っています。例えば、お通じをよくするには、ごぼうと山芋をすりおろして、お好み焼きのようにあげたのがいい、とか、ベルギーのオルゴールが精神を落ち着けるのにとてもいい、とか教えてくれます。こうような足裏マッサージなどの治療院では、対症療法ではなく、根本治療をより重要視しているので、自分の生活習慣を見直し、より健康な日々を送るのに、とても役に立つと思います。

眠くなるほど気持ちいマッサージ

私は元々ひどい肩こり持ちです。肩こりがひどかったのですが肩こりのマッサージを自分ですることができませんでした。手が届くわけでもなく、またどのようにマッサージしていいのかもわからない。そんなときにあまりにも肩こりが酷く、日常生活にも支障をきたしそうだったのでマッサージ店に通う事にしました。ただのマッサージでもマッサージしてくださるスタッフは多少なりとの筋肉等への知識があり、どこから肩こりが来るのか等説明をしてくれました。肩こりだからといって直接肩をマッサージすればいいだけでなく、肩周辺に携わる筋肉すべてが影響してくるので、肩周りを大きく見て全体的にマッサージをしてくれました。マッサージの仕方も、強く力を入れすぎると筋肉を痛めてしまうため、筋肉を傷めない程度にコリをほぐす、血行の流れにそってマッサージしていくというやり方でした。マッサージをされている間、特に私自身はすることはなく、ベッドにうつ伏せになってマッサージをされるだけなので、リラックス効果も相乗してかいつも眠くなって寝てしまいます。マッサージ後は体が凄くポカポカしており、肩こりの悩みも解決されコリが大分柔らかくなっているため大変満足しています。またコリがあまりにも酷くなったらマッサージ店を利用させてもらっています。出張マッサージの施術なら品川でしょう